理想の調査体制

調査には不測の事態がつきものである。

そのため、できる限りあらゆる事態に対応するための体制で調査に臨むことが理想である。

しかし・・・いつも理想的な体制で臨めるかというとそうではない。


理想的な調査体制とは調査員3名で、バイク1台、車両1台を準備している状態だろう。

この体制であれば大概のことには対処できる。


だが、通常は2名体制で臨む。

やはり、依頼者的な問題。調査料金の問題があるからである。

この体制でも大概は大丈夫であるが、

もしものことを考えると不安も残る。

だが、それが依頼者の要望であるのなら、それで結果を残すのがプロだと思う。

そう思って調査には臨んでいる。


でも、無理なときもあるが・・・

探偵だって人間なんだから。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック