ドフトエススキー 

最近ドフトエフスキーの罪と罰を読んでいる。

ドフトエフスキーの作品は2作目であるが、

彼は人間の理性の奥にある本性を描こうとしているのであろうか。



私の仕事では世間一般で言われるようなきれいごとではない現実に直面する。

だからもしれないが、何となく彼の作品には共感できる部分がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

あ~あ
2012年03月08日 09:59
表題 ドフトエススキー(誤)

本文 ドフトエフスキー(誤)

ドストエフスキー

この記事へのトラックバック