ドフトエススキー 

最近ドフトエフスキーの罪と罰を読んでいる。

ドフトエフスキーの作品は2作目であるが、

彼は人間の理性の奥にある本性を描こうとしているのであろうか。



私の仕事では世間一般で言われるようなきれいごとではない現実に直面する。

だからもしれないが、何となく彼の作品には共感できる部分がある。

"ドフトエススキー " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント